松屋式ドリップ抽出手順



1 まずはコーヒー粉に穴を掘りましょう。
松屋式ドリップ 穴を掘る1 松屋式ドリップ 穴を掘る2 松屋式 穴を掘る3 松屋式 穴を掘る4



2 初めはコーヒー粉の中心から。点滴で注ぎつつ外側へ。
  コーヒー粉全体に注ぐことができたら蓋をしましょう。

松屋式 抽出開始 1湯目ー1 松屋式 抽出開始 1湯目ー2 松屋式 抽出開始 1湯目−3 松屋式 抽出開始 1湯目ー4 松屋式 蒸らし状態


3 「蒸らし」時間は3〜5分です。
  コーヒー豆粉に含まれている炭酸ガスを抜いて、
  味が出やすい状態にしてあげます。

松屋式 蒸らし終了 松屋式 蒸らし終了⇒蓋を取った状態


4 素早く「ヒタヒタ」状態へするため、太目のお湯を注いでいきます。
  その後「ヒタヒタ」状態を維持。渦状に点滴で注いでいきましょう。

松屋式 抽出「ヒタヒタ」状態1 松屋式 蓋を取った状態⇒素早く注湯開始 松屋式 抽出「ヒタヒタ」状態2 抽出終了


5 左:前半に抽出したコーヒー液 右:後半に抽出したコーヒー液
松屋式 抽出の前半と後半を分けたもの1 松屋式 抽出の前半と後半を分けたもの2


30g粗挽きで、
前半のコーヒー液150cc、後半のコーヒー液150cc(合計300cc)を抽出。

通常、喫茶店などで出されるコーヒーは、
この前半と後半2つのコーヒー液が混ざっているもの。
抽出技術は、前半にどれだけ濃くてクリーンなコーヒー液が出せるかに集約される。


アルトコーヒーで使用しいるお水は、料理の鉄人でも使われていた浄水器「シーガルフォー」を通した水を使い、備長炭竹炭麦飯石やセラミックを入れて味を調整しています。
中国の水は場所によって臭いがひどいため、浄水器をつける目的は、最低限水の臭いを取ることと、あとはできたら水の角を円くすることができるのが理想です。